乗用車の修理で全損という状況では車の心臓

車の全損とはその名称が示すように愛車のすべてが故障した状況で結果的に走ることが出来ないなど自動車としての役を果たせなくなった状況で使用されますが、自動車保険で言う『全損』はちょっと違ったニュアンスが込められていたりします。

保険の場合では乗用車が破損した状況で全損と分損というように2つの種類振り分けられ、【分損】は修復費が保険内でおさまる場合を指し、反対に『全損』とは修復のお金が補償額より高くなることを示します。

一般的には、乗用車の修理で全損という状況では車の心臓、エンジンに修理できない損傷を抱えていたり、骨組みがいびつになっていて修復が難しい場合リユースか廃棄となるのが当たり前です。

しかし、交通事故が起きて販売会社や自動車保険会社がかかる修理の費用を見積もった際に、いかに外観がちゃんとしていて元に戻すことが可能な場合でも修理費が保険よりも大きければ何を目的として自動車の保険にお金を支払っているのか分からないです。

このような状態では、《全損》と判定して自動車の権利を自動車の保険屋さんに渡して保険金額を支払ってもらうようになっています。

もちろんの事ですが長い年月所持した自動車で愛着があり自腹で修復をしてでも乗りたいと希望するドライバーは多くいるので場面にて自動車保険会社と意見交換するといいかもしれません。

なお、乗用車の保険の中にはこういう状況が想定され車両全損時諸費用補償特約等の全損の時のために特約がある場面があり予期せずマイカーが全損となったケースでも購入等費用を多少なりとも補償してくれる場面も存在したりします。

なおかつ盗まれた際の保険金の特約をつけてると被害にあったマイカーが発見できない状態でも《全損》の扱いとなり保険が適用されるシステムになります。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.lebateauivre30.com All Rights Reserved.