不要な明細レシートと思わず

貰った明細レシート所持義務はあるのか??結果をお伝えすると必要性はあるわけではありません。暇つぶしちゃんねる

個々で保管することが自らが使った履歴を持っておきたいという場合には捨てなければよいのですし、もしそういう痕跡は必要でないという場合は保管する理由はないのです。にこるん ニキビ

とはいえ定期的に郵送されてくる利用明細書との照合段階には例外なくこれらのレシートは不可欠となります。アンボーテ

明細レシートをそこまでは最低限保存しないと何月何日どのくらい使用したか?という内容が明確でなくなってしまうだけでは済まず、間違えた請求・ダブりがあるかの確認作業も不可能になるからリスクがあります。手島優 ニキビケア

特段カードを使った金額についてはレシートを保存していないと記憶することはできないはずです。車 売却

理想的には利用履歴が送付されてくる1ヶ月から2ヶ月前後は保管して欲しい。名刺 デザイン

クレジットのレシート廃棄手段:クレカの利用レシート破棄の手段はとにかく単純なのです。立川 ダイビング

見ず知らずの人に悪用されないよう小さく裁断して破棄するだけで良いのである。過払い金請求 借金整理

市販のシュレッダー等が自宅で利用できる場合には念のため使うのが良いでしょう。

なにせ利用を証するレシートであるのだから、No等機密情報の内容について特定されてしまう情報がいっぱい詰まっています。

不要な明細レシートと思わず、破棄は注意を払って実施したほうがよいでしょう。

また、このごろは安全対策のためレシートにクレジットNoといった情報が記載されていない明細レシートもあるようだが、、油断は禁物である。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.lebateauivre30.com All Rights Reserved.